• 資金繰り支援行政書士 吉野 智成

就労ビザが不許可になった場合


こんにちは。

行政書士の吉野です。


就労ビザの審査は入国管理局、

いわゆる入管が行います。

(その他のビザも基本は入管です。)


その際に、

全ての申請が許可になることはなく

「不許可」

ということも当然あり得ます。


ご自身が申請したものが

許可になるのか?

不許可になるのか?


ということは、

結果として入管が決定

することですから、


こちら側でどうすることも

できないのが実情ではあります。


ですが、

不許可のパターンも

色々存在していて、

再申請をすることが

可能なケースもたくさんあります。


<不許可のパターン1>

そもそも学歴等に偽りがあった場合


そもそも偽りの申請ということ

ですから難しいとお考えください。


<不許可パターン2>

会社の規模等に問題があった場合


雇用する側である会社が安定性や

継続性に問題がある場合ですが、


これは厳しいとは言えますが、

専門家である行政書士等に相談して

再度詳細な事業計画等の作成、

申請書類の精査をすることで、

可能な場合もあります。


<不許可パターン3>

書類の出来が不十分、必要書類が不足


このパターンであれば、

再度申請して許可を

得ることは十分可能です。


ただし、同じ申請内容の場合は、

不許可後6ヶ月間は再申請不可能

ですので、


きちんと不許可理由を

入管から聞いた上で、

専門家である行政書士等に

依頼をされた方が許可になる

確率は高まるはずです。


不許可になった!

どうしよう!

と慌てることなく、

ご自身の不許可のパターン

がどのようなものなのか?


一度落ち着いて確認した上で、

その後の対応をしていきましょう。


本日もお読みいただき

ありがとうございました。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

埼玉でビザ・帰化のご相談なら

よしの行政書士オフィスまで!

<よしの行政書士オフィス公式HP>

https://www.yoshino-tomonari.com/

<国際結婚&配偶者ビザサポートラウンジ>

https://visa-marry.com/

<吉野智成Facebook>

https://www.facebook.com/fast.c.yoshino

<吉野智成Twitter>

https://twitter.com/KMyhobby

無料相談(60分)実施中!

TEL:050−5359-9219

FAX:03-6800-3346

mail:info@yoshino-tomonari.com

(国際結婚、配偶者ビザのお問い合わせ)

↓↓こちらのメールへどうぞ↓↓

mail:info@visa-marry.com

営業時間 9:00~20:00

(日、祝時間外対応可能)

よしの行政書士オフィス

外国人材コンサルタント

行政書士

吉野 智成(Tomonari Yoshino)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

44回の閲覧

Copyright © 2019 Yoshino Tomonari All Rights Reserved

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン